入試問題で誤字、県立衛生看護学院 合否に影響なし

お気に入りに登録

 秋田県横手市の県立衛生看護学院は21日、今月17日に行われた保健科と助産科の一般入試で、問題一つに誤字があったとして、この問題を採点から除外すると発表した。受験者の合否に影響はないとしている。合格発表は2月3日。

 誤字があったのは看護学の問45。双極性障害の女性の状態が悪化し、入院後に抗うつ薬の投与を開始した際の経過観察で特に注意すべき症状を五つの選択肢から二つ選ぶ問題。正解のうち一つについて「希死念慮」とすべきところを「企死念慮」と漢字を誤った。

(全文 396 文字 / 残り 169 文字)