高い技術、県認定工芸士3人が抱負 穂積市長を表敬訪問

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
市役所を訪れた秋田銀細工職人の渡邊さん(左端)、進藤さん(右から2人目)、松橋さん(右端)。左から2人目は穂積市長
市役所を訪れた秋田銀細工職人の渡邊さん(左端)、進藤さん(右から2人目)、松橋さん(右端)。左から2人目は穂積市長

 秋田県を代表する伝統工芸品「秋田銀線細工」の職人3人が22日、市役所を訪れ、穂積志市長に2019年度の「県認定工芸士」に認定されたことを報告した。

 市役所を訪れたのは同市の進藤春雄さん(73)=金銀線工房、松橋とし子さん(57)=矢留彫金工房、渡邊圭子さん(50)=竹谷本店。3人は認定書とそれぞれが作った紅葉やササの葉をモチーフにしたネックレス、ハスの葉を重ね合わせたデザインの香器などを穂積市長に見せた。

 穂積市長は「後継者の育成につながるように今後も精進していただきたい」と激励。松橋さんは「後継者不足が課題。工房では教室を開いており、今後もたくさんの人に興味を持ってもらえるよう取り組んでいきたい」と話した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 371 文字 / 残り 62 文字)

同じジャンルのニュース