米野球殿堂にジーター氏ら選出 資格最終年のウォーカー氏も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
デレク・ジーター氏(左)、ラリー・ウォーカー氏(いずれもゲッティ=共同)
デレク・ジーター氏(左)、ラリー・ウォーカー氏(いずれもゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米国野球殿堂は21日、今年の表彰者を発表し、元ヤンキース主将で通算3465安打のデレク・ジーター氏(45)が資格1年目で選出を果たした。満票にあと1票だった。

 ロッキーズなどで通算2160安打のラリー・ウォーカー氏(53)は資格最終10年目で選ばれた。

 ジャイアンツなどで歴代最多の通算762本塁打を誇るバリー・ボンズ氏(55)とレッドソックスなどで通算354勝のロジャー・クレメンス氏(57)はともに現役時代に薬物使用が取り沙汰された影響で、今回も選出を逃した。

同じジャンルのニュース