迫力すごいと柳沢慎吾が映画PR 警察ネタ披露

お気に入りに登録

 タレントの柳沢慎吾が東京都内で開かれた映画「バッドボーイズ フォー・ライフ」(31日公開)のPRイベントに登場。一足早く観賞した柳沢は「車のアクションや銃撃戦の迫力がすごい。大きいスクリーンで見ると、音や迫力、スケールが違う」と興奮気味に語った。

 米マイアミを舞台に、刑事2人がアクションを繰り広げるシリーズの最新作。ダブル主演のウィル・スミスとマーティン・ローレンスからビデオメッセージが寄せられた。

 2人は「慎吾と俺たちは警官同士。俺ら3人、一生バッドボーイズだぜ」と言い、柳沢の持ちネタであるパトカーのサイレン芸を披露した。柳沢は「この2人がやってくれるってすごくないですか。ユーチューブで僕の映像を研究してくれた」と感激していた。

 柳沢は、会場で作品の激しいアクションシーンをいすや脚立を使って熱演。自ら「柳沢劇場」と呼ぶ力の入れようで「今日はテンション上がって、いい汗かいたね。警視庁ネタと甲子園ネタは、一生やるんだろうな」とつぶやいた。最後はおなじみの決めぜりふ「あばよ」で会場を後にした。