五輪エスコート役に地元の子ども パラも、計11競技

お気に入りに登録

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、大会で選手が入場する際のエスコート役などを地元の子どもたちに務めてもらう計画の詳細を発表した。五輪でサッカーなど9競技、パラでゴールボールなど2競技で、スポンサー企業や試合会場がある自治体が計3千人を選ぶ。

 試合で使うボールを選手に届けたり、国旗を持って入場したりする役目も担う。組織委は当初、小中高生を対象としていたが、ハンドボールで国旗を持つのを高校生に任せる以外は全て小学生が務める。多数の競技で子どもたちがエスコート役などを務めるのは近年の過去大会では例がないという。