警視庁金庫室で拳銃暴発 手順誤ったか、けがなし

お気に入りに登録

 22日午前10時15分ごろ、東京都千代田区の警視庁本部庁舎内にある警護課の金庫室で、同課の男性巡査部長(35)が弾が入った自動式拳銃を着装する際、拳銃の弾1発を暴発させた。弾は木製の台を貫通し、台の下にあった金庫に当たって止まった。けが人はなかった。

 警視庁によると、巡査部長は勤務で庁舎外に出るため、拳銃をホルスターに入れようとしていた。撃鉄が起きていたため、安全な状態に戻そうとして暴発した。手順を誤ったとみられ、巡査部長は「撃鉄がなぜ起きたのか分からず、慌ててしまった」と話している。

 金庫室は拳銃などを保管しており、そばには他の警察官もいた。