不在でも家の中へ配達、食材など スマホで解錠・確認、三井不動産

お気に入りに登録

 三井不動産は22日、1月下旬に発売する東京都中央区の分譲マンションの居住者を対象に、不在時に家の中まで食材などを配達する「ナカ配サービス」を4月から始めると発表した。スマートフォンを使って住宅などの錠を開閉するスマートロックや監視カメラを活用し、居住者が安心して利用できるようにする。

 利用できるのは三井不動産が提携する業者のサービスで、食材のほかに洗濯物などの集荷・配達や家事代行がある。

 業者が訪れると居住者のスマホに通知があり、居住者は業者のスマホに玄関を解錠できる権限を与える。鍵が開いたら監視カメラの録画が始まり、様子をスマホで確認できる。