犬っこまつり、雪像設営例年通り 一部イベントは開催中止

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昨年の犬っこまつり
昨年の犬っこまつり

 来月8、9日に行われる湯沢市の小正月行事「犬っこまつり」について、市内の商工業者などでつくる実行委員会(山脇幹委員長)は22日、主会場となる市総合体育館周辺の「お堂っこ」「犬っこ」の雪像の設営を例年通り行うと明らかにした。

 湯沢生涯学習センターで開かれた第2回会合で説明した。メーン会場には「お堂っこ」1基と「犬っこ」2基のセットを例年並みの計15組設置する。通常は周辺の雪でまかなえるが、少雪のため、会場から20キロ以上離れた同市皆瀬桁倉地域から雪を調達する。

(全文 399 文字 / 残り 167 文字)