首相「地上イージス優れた装備品」 配備の必要性強調

お気に入りに登録

 安倍晋三首相は22日、衆院本会議での代表質問で、陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)が配備候補地の地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」について、「コストと運用の両面で、イージス艦より優れた装備品である」と述べ、あらためて配備の必要性を強調した。

 立憲民主党の枝野幸男代表の質問に答えた。枝野氏は2020年度の政府予算案に、設置場所の決まっていない地上イージスの関連経費が計上されていることを挙げ、イージス艦の配備と比較して「(地上イージスが)コスト面、運用面で優れていると言えるのか」とただした。

(全文 509 文字 / 残り 259 文字)