角田市の台風19号・災害廃棄物受け入れ 秋田市

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
角田市の災害廃棄物をごみピットに投入するトラック
角田市の災害廃棄物をごみピットに投入するトラック

 昨年10月の台風19号により発生した宮城県角田市の災害廃棄物の受け入れが22日、秋田市総合環境センター(同市河辺豊成)で始まった。1日約20トン前後が運び込まれ、3月末までに約900トンを溶融炉で処理する予定。費用は角田市が全額負担する。

 角田市生活環境課によると、同市で発生した災害廃棄物は約4万7千トンとなる見込み。宮城県から協力要請を受けた秋田県が、秋田市に処理を依頼した。同市は泥で汚れた生活用品や衣服などを受け入れる。

(全文 353 文字 / 残り 138 文字)