秋田NHアンテナショップ、25日から能代に開設 期間限定

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
店内を彩るガラスアート、黒板アートを制作する能代工、能代松陽高の生徒ら=22日
店内を彩るガラスアート、黒板アートを制作する能代工、能代松陽高の生徒ら=22日

 秋田県能代市の柳町商店街振興組合(塚本正理事長)は、バスケットボール男子Bリーグ1部・秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)が京都ハンナリーズと対戦するホーム戦(2月1、2日・能代市総合体育館、秋田魁新報社提供)を盛り上げようと、25日から商店街の空き店舗に期間限定のアンテナショップを開設する。

 空き店舗は、柳町通りのほぼ中央に位置する元靴店(同市柳町8の1)で、広さは約66平方メートル。同振興組合が秋田NH社に開設を打診した。秋田NHの公式グッズを販売するほか、能代松陽高美術部の生徒4人による黒板アート、能代工業高写真部3人によるガラスアートで店内を彩る。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 601 文字 / 残り 320 文字)

秋田の最新ニュース