新型肺炎の感染、県内も警戒強化 春節で中国人客増見込み

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新型肺炎に注意を呼び掛けるポスターが掲示された秋田空港
新型肺炎に注意を呼び掛けるポスターが掲示された秋田空港

 春節に合わせた大型連休が24日から始まるのに伴い、多くの中国人客の来県が予想される。秋田県内でも新型コロナウイルスによる肺炎に警戒する動きが出ており、空港や医療機関は感染拡大を防ごうと注意を呼び掛けている。来月予定される国際交流事業に影響が及ぶ懸念もある。

 「武漢市から帰国された方でせきや発熱などの症状がある場合には、お申し出ください」。秋田空港(秋田市)では、到着ロビーや搭乗待合室に注意喚起のポスターを掲示している。

 中国からの直行便はないが、首都圏などの空港を経由して来県する中国人客はいる。中国から帰国した日本人客が利用する可能性もある。

(全文 994 文字 / 残り 719 文字)