県内のインフル患者21%減 警報は継続

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県は23日、県内医療機関から報告された19日までの1週間のインフルエンザ患者数が1機関当たり15・61人で、前週(19・80人)より21%減少したと発表した。前週比での減少は2週連続。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 206 文字 / 残り 111 文字)

同じジャンルのニュース