にかほ市「台風廃棄物」受け入れへ、友好協定の松島町から

お気に入りに登録

 秋田県にかほ市は23日、「夫婦(めおと)町」として友好協定を結んでいる宮城県松島町から、昨年10月の台風19号による被害で発生した災害廃棄物約500トンを受け入れると発表した。同市金浦の市環境プラザで焼却処分する。

 市生活環境課によると松島町の櫻井公一町長が、にかほ市の市川雄次市長に協力を要請した。受け入れる災害廃棄物は稲わらで、約1万4千トンが同町で取り置かれている。

(全文 375 文字 / 残り 188 文字)