街づくりにデジタル技術 高齢になっても楽しく生きる、横手

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ソサエティー5・0の実現を目指す「YOKOTEコンソーシアム」の設立総会
ソサエティー5・0の実現を目指す「YOKOTEコンソーシアム」の設立総会

 秋田県の横手商工会議所や横手市、市内企業などが参加する「Society5.0 YOKOTEコンソーシアム」の設立総会が22日、横手市の松與会館で開かれた。IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)、ビッグデータなどを活用し、経済発展と社会課題解決につなげる「ソサエティー5.0」の実現を目指す。

 ソサエティー4・0はコンピューターと通信技術の発達による情報社会を指し、5・0はそれに続く新たな社会。政府が第5期科学技術基本計画で提唱している。

 同コンソーシアムは、「美しく時を重ねる」をコンセプトに、高齢になっても楽しく生きるための街づくりを進める。そのためにIoTなどを利用してどんなことができるのか、さまざまな観点から検討していく。

(全文 714 文字 / 残り 392 文字)