秋田駅西口の芝生広場、完成7月に 入札不調響き遅れる

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
JR秋田駅西口で進められている芝生広場の工事。完成が遅れる見通しとなった=23日
JR秋田駅西口で進められている芝生広場の工事。完成が遅れる見通しとなった=23日

 秋田市のJR秋田駅西口で整備が進められている芝生広場の完成が、当初の予定から4カ月遅れ、今年7月末となる見通しとなった。融雪設備工事の入札の不調が続いたため。

 芝生広場は、JR秋田支社が昨年9月、利用低迷により平面駐車場の営業をやめ、土地を市に返還したことを受けて、市が改修を進めている。面積は約4600平方メートルで、芝生を敷き詰めた広場を造るほか、駅と中央通りの交差点を結ぶ歩道も設ける。一般車用のロータリーはカーブを緩やかなものに造り替える。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 431 文字 / 残り 206 文字)

秋田の最新ニュース