八峰町のアワビ養殖会社「日本白神水産」が破産手続き開始

会員向け記事
お気に入りに登録

  秋田県八峰町のアワビ養殖会社「日本白神水産」(菅原一美社長)は24日までに、秋田地裁から破産手続き開始決定を受けた。東京商工リサーチ秋田支店によると、負債総額は約6千万円。開始決定は2019年11月22日。

 同支店によると同社は12年設立。資本金3250万円。旧八森小学校の校舎を活用しアワビの陸上養殖を行い、「白神あわび」の名称で販売していた。八峰町のふるさと納税の返礼品として人気を集めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 408 文字 / 残り 209 文字)

秋田の最新ニュース