スマホでバス運賃決済 羽後交通など実証実験【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
スマートフォンアプリとQRコードを使ったバス運賃支払いの実証実験=横手・大曲線車内
スマートフォンアプリとQRコードを使ったバス運賃支払いの実証実験=横手・大曲線車内

 羽後交通(秋田県横手市)は24日、日立製作所(東京)と連携し、路線バス運賃のキャッシュレス決済について2路線で実証試験を始めた。運賃支払いにスマートフォンのアプリを使う。県内のバス会社がキャッシュレス決済の実験をするのは初めて。3月31日まで行う。

 実験は、高校やショッピングモールに停留所があり、若者の利用が多い「横手・大曲線」「イオン・イーストモール線」で行う。

 キャッシュレス決済の利用者は事前に、日立製作所が開発したバス決済アプリ「B.APP」を起動し、名前やクレジットカード情報を登録。従来通り整理券を取ってバスに乗った後、壁や座席後ろに貼られたQRコードをスマホで読み取る。

(全文 766 文字 / 残り 472 文字)