新型肺炎、国内2例目確認 武漢市の旅行者

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中国・武漢市で発生した肺炎の原因とされる新型のコロナウイルスの電子顕微鏡写真(中国疾病予防コントロールセンター、GISAID提供)
中国・武漢市で発生した肺炎の原因とされる新型のコロナウイルスの電子顕微鏡写真(中国疾病予防コントロールセンター、GISAID提供)

 厚生労働省は24日、日本に旅行で訪れた中国湖北省武漢市在住の40代男性が、新型コロナウイルスに感染し肺炎を発症したのを確認したと発表した。国内で感染が確認されたのは、神奈川県在住の中国人男性に続き2例目。現在、東京都内の医療機関に入院しており、容体は安定している。

 厚労省によると、感染が確認された男性は19日に来日。入国前の14日に発熱し、15、17日に医療機関を受診したが、来日時の症状は落ち着いていたという。

 入国後の20日にも医療機関を受診したが、肺炎とは診断されず経過を観察していた。発熱や喉の痛みが続いたため22日に改めて受診し肺炎と診断された。