空手、五輪代表の清水は決勝逃す 国際大会では18年2月以来

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
形女子準決勝 演武する清水希容。決勝進出を逃した=パリ(共同)
形女子準決勝 演武する清水希容。決勝進出を逃した=パリ(共同)

 【パリ共同】空手のプレミアリーグ(PL)の今季初戦は24日、パリで開幕し、形女子で既に東京五輪代表を確定させている清水希容(ミキハウス)は準決勝1組2位となり3位決定戦(26日)に進んだ。清水が国際大会で決勝進出を逃したのは2018年2月のPLドバイ大会以来、約2年ぶり。

 組手では女子50キロ級で世界女王の宮原美穂(帝京大職)が決勝に進出。男子60キロ級の佐合尚人(高栄警備保障)は準々決勝でトルコ選手に敗れ、67キロ級の篠原浩人(マルホウ)は3回戦で敗れた。

 今大会は東京五輪の出場権獲得のためのポイント対象大会。