暖冬が影響?季節外れ、湯沢にクマ 1月の目撃は2年ぶり

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
クマが目撃された湯沢市川連町の市道
クマが目撃された湯沢市川連町の市道

 24日午前9時ごろ、秋田県湯沢市川連町川連の市道にクマがいるのを、付近の10代女性が見つけ、市役所を通じて湯沢署に届け出た。人や物への被害は確認されていない。県内でクマの目撃情報が警察に寄せられたのは今年初めて。県警地域課によると、県内で1月にクマが目撃されたのは2018年以来2年ぶり。

 同署によると、目撃されたのは、体長約80センチのクマ。現場は市稲川庁舎の北東約1キロの集落で、直近の民家まで約10メートル。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 426 文字 / 残り 218 文字)

秋田の最新ニュース