数え年33歳の女性集まらず…「丸まげ行列」中止? 大館

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
過去のアメッコ市会場で行われた丸まげ行列(大館市提供)
過去のアメッコ市会場で行われた丸まげ行列(大館市提供)

 毎年2月の「大館アメッコ市」(秋田県大館市)で、年祝いの女性らが丸まげと黒留め袖姿で通りを練り歩く「丸まげ行列」が、参加者不足のため中止の危機を迎えている。参加10人以上を開催の目安としてきたが、今年の申し込みは現在5人で、2月9日の本番まで10人に達しなければ中止にする。主催する県美容生活衛生同業組合大館支部(松田学支部長)は外国人への参加呼び掛けを検討する一方、関係者からは「今年で最後に」との声も出ている。

 県北部には、数えで33歳となる年祝いの女性が丸まげを結い、黒留め袖を着ておはらいを受ける風習がある。丸まげ行列は北秋田市の鷹巣地域でも毎年行われている。

 大館市の丸まげ行列は、アメッコ市の行事として2011年に始まった。市内で丸まげ姿を見る機会がほとんどなくなったとして、同支部が地域に伝わる和装文化を広く知ってもらおうと企画。年齢や居住地を問わず参加者を公募してきた。行列はアメッコ市会場のおおまちハチ公通りを華やかに彩ってイベント盛り上げに一役買い、市外からもカメラマンが多く来ていた。

 例年は10~20人が安定して参加。「丸まげを体験したい」という参加者が県外から参加する年もあり、1月初めごろには10人以上を確

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1040 文字 / 残り 522 文字)

秋田の最新ニュース