あの店・この逸品[後藤チエ精肉店]お肉屋さんのじゃじゃ麺 深い味の肉みそ自慢

お気に入りに登録
後藤チエ精肉店の「お肉屋さんのじゃじゃ麺」
後藤チエ精肉店の「お肉屋さんのじゃじゃ麺」

 内蔵を持つ古い建物が並び風情ある景色が広がる横手市増田町の中七日町通りの一角に、肉や総菜を販売する「後藤チエ精肉店」がある。食堂も営業しており、精肉店のメニューを生かした麺も提供。それが「お肉屋さんのじゃじゃ麺」(税込み660円)だ。ゆでたての麺と絡まる肉みそが、口の中で深みのある味わいを広げてくれる。

 肝心の肉みそは、ぽろぽろになるまで炒めたひき肉と、みそやみりんなどを一緒にかき混ぜる。練りごまを使った黒さが特徴的で、程よいしょっぱさに病みつきになる人も。「材料は惜しみなく使う。深い味をつくるにはこれが大事」。佐々木恵美子店長(57)は調理のポイントを語る。

(全文 906 文字 / 残り 622 文字)

お店の情報

横手市増田町増田字中町74
TEL0182・45・2410
営業時間は午前10時半開店で、月―金曜が午後7時、土曜・祝日が同6時、日曜が同5時まで
定休日は1~3月が日曜、4~12月が木曜

この連載企画の記事一覧