ニュースの「つぼ」:男女格差

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 「男女格差」の度合いを世界153カ国で比べたところ、日本は121位だったことが昨年末、明らかになった。先進7カ国で最下位、調査が始まった2006年以降、日本の順位は下降の一途をたどっている。今や世界有数の「男女不平等な国」となった日本。背景には何があるのか。

 調査は、スイスのシンクタンク「世界経済フォーラム」が毎年行っている。男女平等の度合いを▽政治(議員や閣僚の比率)▽経済(賃金や管理職の比率)▽教育(識字や進学の比率)▽健康―の4分野で評価したものだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1170 文字 / 残り 939 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース