中国、縁日中止しディズニー休園 異様な旧正月

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
25日から休園した中国上海市の上海ディズニーランド(共同)
25日から休園した中国上海市の上海ディズニーランド(共同)

 【北京、上海共同】新型コロナウイルスによる肺炎が猛威を振るう中国は25日、異様な静けさの中で春節(旧正月)を迎えた。政府が感染拡大を防ぐため外出しないよう呼び掛けており、伝統的な縁日「廟会」は中止、ディズニーランドも休園となった。市民らには「仕方がない」と理解する声が多かった。

 北京市中心部にある地壇公園では29日まで予定していた廟会が中止に。太鼓や銅鑼の音に合わせた恒例の獅子舞や伝統舞踊は披露されず、静まり返っていた。市民の姿はまばらで、黒い制服の警備員ばかりが目立った。

 北京の故宮博物院も休館し、周辺は人影が少なく閑散としていた。

同じジャンルのニュース