暖冬でもゲレンデは良好 仙北・たざわ湖スキー場、利用PR

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
暖冬の影響で利用者が減っているたざわ湖スキー場。今月中旬からは客足が戻りつつある=24日
暖冬の影響で利用者が減っているたざわ湖スキー場。今月中旬からは客足が戻りつつある=24日

 記録的な暖冬の影響で、秋田県仙北市のたざわ湖スキー場の利用者数が落ち込んでいる。今月中旬からは全13コース中12コースが滑走可能となり、ゲレンデの状態も良いことから利用者は増えているが、23日時点で前年同期と比べて14%の減。運営する田沢湖高原リフトは「平地に雪がないためスキーも難しいと思う人が多いようだが、たざわ湖スキー場のコンディションはとても良い」と利用を呼び掛けている。

 同スキー場は先月20日にスキー場開きを迎えたが、雪不足で同27日に一部コースがオープンできた。正月三が日は前年を上回る利用者が訪れたものの、雨などで11~13日の3連休までは客足が停滞。その後の断続的な降雪でコースが順次滑走可能となり、現在の積雪は90センチとなっている。

 同社によると、今季の利用者は12月が3245人で前年比52%の減、1月は23日時点で同3%減の2万4070人。オープンからの累計は2万7315人で、前年同期から約4300人減っている。ただ、近隣スキー場が雪不足で営業できないため、例年より多くの小中学校がスキー教室で訪れていることもあり、今月の14日以降は前年を上回る状況で推移している。

 24日は、仙北市や大仙市の小中学校7校がスキー教室で利用。ゲレンデはスキーヤーやスノーボーダーでにぎわい、外国人客の姿も多かった。開催が危ぶまれていた東北中学校スキー大会も予定通り始まった。

(全文 969 文字 / 残り 375 文字)