北朝鮮、処刑された張氏の妻健在 金正恩氏と公演鑑賞

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
25日、平壌で旧正月の記念公演を鑑賞する金正恩朝鮮労働党委員長ら。最前列右から2人目が叔母の金慶喜氏(朝鮮中央通信=共同)
25日、平壌で旧正月の記念公演を鑑賞する金正恩朝鮮労働党委員長ら。最前列右から2人目が叔母の金慶喜氏(朝鮮中央通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、金正恩朝鮮労働党委員長が25日、平壌で旧正月の記念公演を鑑賞し、叔母の金慶喜氏が同席したと報じた。金慶喜氏は国家転覆を謀ったとして2013年12月に処刑された張成沢元国防副委員長の妻で、約6年ぶりに健在が確認された。

 党機関紙、労働新聞に金慶喜氏の写真が掲載された。対米交渉が行き詰まる中、内部結束を図る狙いとみられる。

 金慶喜氏は13年9月以降、動静が途絶え、重病説や死亡説も出ていた。