柔道、100キロ超級の熊代3位 敗者復活戦を勝ち上がる

お気に入りに登録

 柔道のグランプリ・テルアビブ大会最終日は25日、イスラエルのテルアビブで行われ、男子100キロ超級の熊代佑輔(ALSOK)は準々決勝で敗れたが、敗者復活戦を勝ち上がり、3位となった。男子100キロ級の石内裕貴(旭化成)は7位、女子78キロ級の高山莉加(三井住友海上)は2回戦で敗れた。(共同)