妻に暴行疑い警官逮捕、静岡県警 「口論で手を上げた」

お気に入りに登録

 静岡県警は26日、自宅で妻を投げ飛ばしたとして、暴行の疑いで、県西部の警察署に勤務する男性巡査部長(32)=浜松市=を現行犯逮捕した。県警によると、巡査部長は「ささいなことで口論になって手を上げてしまった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は26日午前1時ごろ、自宅で30代の妻の両肩をつかみ、投げ飛ばした疑い。

 県警監察課によると、妻が「夫から暴力を受けた」と110番したが、被害届を出す意向はなく、巡査部長を釈放して任意で調べている。日常的な暴行は確認されていないという。