雪壁のスクリーンで上映会開催へ 鹿角市で横浜出身濱野さん

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
雪壁のスクリーンの試作に汗を流す濱野さん=道の駅かづの駐車場
雪壁のスクリーンの試作に汗を流す濱野さん=道の駅かづの駐車場

 映画館のない秋田県鹿角市に映画鑑賞できる環境をつくろうと奮闘している若者がいる。同市花輪の鹿角観光ふるさと館あんとらあ(道の駅かづの)で働く横浜市出身の濱野夢斗さん(23)だ。来月2日に道の駅かづので雪の壁をスクリーンにして映画を上映するイベントを企画。親子連れらに楽しんでもらおうと準備に汗を流している。

 来月2日のイベントでは道の駅かづの駐車場に縦6メートル、横11メートルの雪の壁をつくる。市内の雪は例年に比べて少ないが、駐車場から集めれば、スクリーンを設営できるめどが立っているという。

 上映するのは洋画「ネバーエンディング・ストーリー」。観客は駐車場に止めたマイカーの中で鑑賞。音声は付近一帯にラジオの電波を飛ばすシステムを使い、カーラジオで受信する。

(全文 1130 文字 / 残り 798 文字)