玄海町長は「進退判断を」 現金受領問題で町議会議長

お気に入りに登録

 佐賀県玄海町の脇山伸太郎町長(63)が福井県敦賀市の建設会社「塩浜工業」側から現金100万円を受領した問題を受け、町議会の上田利治議長(68)は27日、非公開の全員協議会の後、「町の信頼を失墜させた責任は重大だ。重く受け止めて進退を判断してほしい」と述べた。脇山町長は報道陣の取材に「(進退は)後援会長に委ねている」と改めて話した。

 玄海町と上田議長によると、全員協議会には、議員9人中8人が出席。脇山町長が1年半近く現金を自宅で保管していた対応を巡り「説明責任を果たすべきだ」などと追及する意見が上がった。擁護する声もあったという。