「雪不足」で1カ月早く営業終了 大仙市営の3スキー場

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
雪不足で地面が露出している大曲ファミリースキー場
雪不足で地面が露出している大曲ファミリースキー場

 秋田県大仙市は27日、大曲ファミリー、協和、大台の市営3スキー場について、今季の営業を31日で終了することを決めた。少雪の影響で今後も滑走は困難と判断し、当初予定より閉場を約1カ月前倒しした。県内の主要な公設スキー場で営業終了の前倒しを公表したのは初めて。

 市によると、3スキー場は昨年12月25、26日から今季の営業を開始。積雪量が少なく滑走できない状態が続いており、今月27日までに滑走できたのは大台が5日間、大曲ファミリーと協和は一日もなかった。

(全文 423 文字 / 残り 196 文字)