頭光らせ勝ち名乗り、吸盤綱引きも“激しく” 横手市

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
“激しい”戦いが繰り広げられた吸盤綱引き
“激しい”戦いが繰り広げられた吸盤綱引き

 光り輝く頭で地域を明るくしようと、秋田県横手市雄物川町の住民らでつくる「光頭会」(高橋万蔵会長)の番付編成会議が28日、同町の交流センター雄川荘で開かれた。会員7人が頭のつやを競う「光頭相撲」と、頭に吸盤を着けて2人で引き合う「吸盤綱引き」の2種目で競った。

 会員減少に歯止めをかけるため、同町の住民以外にも対象を広げたところ、湯沢市岩崎の会社員小原至さん(64)が「楽しいことが好きだから」と会員に名を連ねた。

(全文 659 文字 / 残り 452 文字)

同じキーワードのイベント情報