天津からの訪問団、来県中止 新型肺炎拡大受け

会員向け記事
お気に入りに登録

 新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、秋田県は29日、来月上旬に予定していた中国・天津市の訪問団の来県が中止になったと発表した。

 県国際課によると、天津の訪問団の来県は、県の交流事業として計画。学生ら12人が来月3日から4泊5日の日程で訪れ、大曲農業高校(大仙市)の生徒と交流したり、仙北市などを視察したりする予定だった。天津側から28日、訪問団の来県を中止する内容のメールが届いた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 255 文字 / 残り 60 文字)

秋田の最新ニュース