前期選抜1502人挑む 県内公立高校入試、合格発表は7日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
試験開始前に説明を受ける受験生=秋田市保戸野の秋田工高
試験開始前に説明を受ける受験生=秋田市保戸野の秋田工高

 秋田県内の公立高校入試の前期選抜が30日、全日制46校(分校、地域校含む)と定時制2校で行われ、計1502人が受験した。合格発表は2月7日に行う。

 前期選抜は自己推薦方式で、学習成績や部活動の実績など各高校が定めた条件を満たす志願者が対象。面接のほか、国語、数学、英語の学力検査または口頭試問を課した。口頭試問を行ったのは全日制の大曲農業高太田分校と定時制の秋田明徳館高。

(全文 384 文字 / 残り 197 文字)

前期選抜の問題と採点基準を掲載しています