「鳥海なめこ汁」ご当地鍋で準優勝 本県初、全国GP入賞

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
準優勝に輝いた「鳥海なめこ汁」
準優勝に輝いた「鳥海なめこ汁」

 全国のご当地鍋を集めて自慢の味を競い合う「ニッポン全国鍋グランプリ2020」(1月25、26日・埼玉県和光市)で、秋田かやき協議会(秋田市)の「鳥海なめこ汁」が、来場者の投票で準優勝に輝いた。本県の鍋が入賞の6位以内に入るのは初めて。今回は21都県から52の鍋が参加し、2日間で11万5千人(主催者調べ)が来場した。

 秋田市内の飲食店などでつくる秋田かやき協議会は16年から毎年、「鳥海なめこ汁」でグランプリに参加している。鳥海なめこ汁は、同協議会が開発したハタハタのしょっつるベースの「秋田かやきのタレ」で味付け。鳥海山麓で栽培されている鳥海なめこや県産の鶏肉、セリを使用している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 630 文字 / 残り 337 文字)

秋田の最新ニュース