地方点描:土方つないだ縁[湯沢支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 書店で偶然買った詩集がきっかけとなり、その著者と結婚に至るとは人生は不思議だ。羽後町で先日開かれた冬の恒例行事「花嫁道中」に花婿花嫁として参加した映像作家宮岡秀行さん(52)=広島市出身=と、詩人十田撓子(とうこ)さん(43)=鹿角市出身、本姓宮岡=のことだ。

 「(舞踏家)土方巽(ひじかたたつみ)がつないだ縁」と話すのは、キューピッド役の藤原祐子さん(76)=羽後町西馬音内。土方の資料を展示する同町の「鎌鼬(かまいたち)美術館」が2016年にオープンした際、土方を題材にしたドキュメンタリー映画の製作準備で訪れていた宮岡さんと、同美術館関係者に知人が多いため足を運んでいた藤原さんが出会った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 662 文字 / 残り 363 文字)

秋田の最新ニュース