元Wリーグ選手・渡部美代子さん Bリーグ選手会で奮闘中

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「これからもバスケ界に貢献したい」と語る渡部さん=埼玉県戸田市の自宅
「これからもバスケ界に貢献したい」と語る渡部さん=埼玉県戸田市の自宅

 秋田県八郎潟町出身の元バスケットボール選手で、Wリーグでも活躍した渡部(現姓西田)美代子さん(42)=埼玉県戸田市=が、夫の経営するデザイン会社で役員を務めながら、バスケットボール男子Bリーグの選手で組織する一般社団法人日本バスケットボール選手会(JBPA)の事務局員として奮闘している。「小5で始めたバスケットを通じ、さまざまな縁が広がった。これからもバスケ界に貢献したい」と語る。

 渡部さんは八郎潟中時代、故江畠節子監督の下、1年時に全国中学大会を制覇。主力となった3年時には同大会で準優勝した。当時のポジションはセンター。小学校で150センチを超えた長身を買われ、ゴール下で攻守の要となった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 991 文字 / 残り 691 文字)

秋田の最新ニュース