ナマハゲ、通行人とパチリ 秋田駅で「柴灯まつり」PR

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
パネルを持ってナマハゲと記念撮影する通行人
パネルを持ってナマハゲと記念撮影する通行人

 秋田県男鹿市の地域おこし協力隊が31日、秋田市のJR秋田駅ぽぽろーどで「なまはげ柴灯(せど)まつり」(7~9日、男鹿市)のPRを行った。面がそれぞれ違う5体のナマハゲが登場し、通行人と記念撮影しながら、来場を呼び掛けた。

 隊員の大谷心さん(25)=兵庫県明石市出身、伊藤晴樹さん(28)=能代市出身、加賀谷美空さん(30)=埼玉県川口市出身=の3人が、男鹿市を訪れるきっかけにしてもらおうと企画した。JR秋田支社の職員5人も協力した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 557 文字 / 残り 339 文字)

秋田の最新ニュース