仙北市に野菜工場、自動車販売会社が計画 来年4月操業目指す

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
植物工場の建設が計画されている黒沢工業団地
植物工場の建設が計画されている黒沢工業団地

 自動車販売などを手掛ける秋田県仙北市田沢湖の「田沢モータース」(吉田裕幸社長)が、同市田沢湖の黒沢工業団地に野菜を水耕栽培する植物工場の建設を計画している。全国で植物工場を展開する都内企業と契約を交わし、技術指導や販路確保で連携する方針。国の交付金を活用し、2021年4月の操業を目指す。

 計画では、3月ごろに農業法人を設立。同工業団地(2万9千平方メートル)のうち約1万平方メートルに、鉄骨造り2階建ての工場(延べ床面積約4700平方メートル)を建てる。天候に左右されない完全閉鎖型で、リーフレタスなどのレタス類を1日当たり約2トン(約1万株)生産する。約30人の雇用を想定する。

 総事業費は約25億7千万円。農林水産省の交付金約10億円を活用する方針で、採択が決まれば事業着手する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 752 文字 / 残り 408 文字)

秋田の最新ニュース