「刈和野の大綱引き」会場に交流サロン完成 大仙市

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
住民の交流施設として活用される「大綱サロン」
住民の交流施設として活用される「大綱サロン」

 秋田県大仙市刈和野で10日行われる「刈和野の大綱引き」(国指定重要無形民俗文化財)を前に、会場の大町通りに交流施設「大綱サロン」が完成し4日、竣工(しゅんこう)式が行われた。住民の交流や商店街活性化活動の拠点となる。

 空き店舗を改装し2005年から住民に利用されていた「大綱交流サロン」の老朽化が進んだことを受け、市が建て替えた。事業費は約2千万円。昨年10月に着工し、先月末に完成した。木造2階建てで、2階の会議室には大綱引きの会場がよく見えるよう、3面に窓を設置した。

(全文 434 文字 / 残り 197 文字)