大ダラずら~り53本 にかほ市で掛魚まつり【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
金浦山神社の境内に並んだタラ
金浦山神社の境内に並んだタラ

 大ダラを奉納して豊漁や商売繁盛を願う伝統行事「掛魚(かけよ)まつり」が4日、にかほ市金浦地区で開かれた。地元の漁業関係者や会社員、小学生ら約100人が計53本のタラを担いで、金浦漁港から金浦山神社までの道のりを歩いた。

 市観光協会の主催で、江戸時代から300年以上続くとされる行事。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 477 文字 / 残り 335 文字)

秋田の最新ニュース