花岡事件国賠訴訟、原告二審も敗訴 大阪高裁「請求権失効」

会員向け記事
お気に入りに登録

 太平洋戦争中に秋田県花岡町(現大館市)の花岡鉱山や大阪の造船所などに強制連行され、過酷な労働を強いられたとして、中国人労働者と遺族ら計21人が国に計8250万円の損害賠償と謝罪を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は4日、請求を棄却した一審大阪地裁判決を支持し、原告側控訴を退けた。

 判決理由で江口とし子裁判長は、一審同様「日中共同声明で、裁判上の個人の賠償請求権は放棄された」とする2007年の最高裁判決を踏襲した上で、原告らが賠償を求める権利は失われたと判断した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 563 文字 / 残り 329 文字)

秋田の最新ニュース