「あきぎんスタジアム」愛称継続 命名権、減額し再契約

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「あきぎんスタジアム」の愛称が継続されることになった八橋球技場
「あきぎんスタジアム」の愛称が継続されることになった八橋球技場

 秋田市は6日、八橋球技場の4月以降の命名権(ネーミングライツ)について、秋田銀行と再契約すると発表した。2014年9月から約5年半にわたり親しまれている現在の愛称「あきぎんスタジアム」が継続する。

 契約期間は23年3月末までで、契約金額は年間220万円(税込み)。1月17日から今月5日まで公募したところ、応募があったのは秋田銀の1社のみだった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 377 文字 / 残り 203 文字)

同じジャンルのニュース