新型肺炎に備え、県が対策本部設置 各保健所に相談拠点も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、秋田県は7日、佐竹敬久知事を本部長とする危機管理対策本部を設置した。相談態勢も整え、感染の疑いがある人からの電話を受け付ける「帰国者・接触者相談センター」を県の担当課と各保健所に設けた。

 県庁で開いた対策本部会議で、佐竹知事は県幹部を前に「いつ終息するのか分からない。とにかく何かあったら、すぐ対応し、医師会などと連携をしっかり取ろう」と指示。「本県でもあり得ることを前提に、しっかり対応してほしい」と呼び掛けた。

(全文 602 文字 / 残り 371 文字)