華やか!作業学習の成果並ぶ 由利本荘、支援学校生徒が販売

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
買い物客に製品を手渡す生徒
買い物客に製品を手渡す生徒

 秋田県由利本荘市のゆり支援学校(田口睦子校長)の生徒が作業学習製品を販売する「わくワークショップ」が7日、同市石脇のイオンスーパーセンター本荘店で開かれた。中学部と高等部の生徒計9人が、買い物客に大きな声で購入を呼び掛けた。

 販売したのは、生活用品や木工品、陶芸品など約640点。色鮮やかな陶器の皿や、組子細工の装飾を施した秋田杉のバインダー、色とりどりの花を入れたハーバリウムなど華やかな製品が並んだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 393 文字 / 残り 190 文字)

秋田の最新ニュース