干し餅やバター餅ずらり 北秋田、9日まで「もちっこ市」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大勢の買い物客でにぎわう「もちっこ市」
大勢の買い物客でにぎわう「もちっこ市」

 秋田県北秋田市の農家らが自家製の餅などを販売する「第26回もちっこ市」が8日、同市綴子の道の駅たかのす駐車場で始まり、大勢の買い物客でにぎわっている。市観光物産協会の主催で9日まで。

 特設テントに農家や菓子店が20の販売スペースを設け、自慢の干し餅や切り餅、バター餅、大福などを販売。店主らは「試食してみて」「おいしいですよ」と客を呼び込んだ。開会セレモニーの後に恒例の餅まきが行われたほか、餅つきやお汁粉の無料サービスも人気を集めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 315 文字 / 残り 96 文字)

秋田の最新ニュース