ヤマハゲに子ども悲鳴 氷の滑り台も人気、なかいち【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
ヤマハゲに声を掛けられて怖がる子ども(左)
ヤマハゲに声を掛けられて怖がる子ども(左)

 秋田県の冬の風物詩や伝統文化に親しむイベント「秋田の昔っこまつり」が8日、秋田市中通のエリアなかいちで始まった。9日まで。家族連れがヤマハゲの練り歩き、昔語り、民謡などを楽しんだ。久々にまとまった雪が降った直後ということもあり、会場で雪遊びを楽しむ子どもたちの姿も見られた。

 ヤマハゲの練り歩きでは、同市下浜羽川地区のヤマハゲ2体が、「ウオー」と雄叫びを上げながら来場者に迫った。子どもたちは「キャー」「怖いよ」と悲鳴を上げていた。

(全文 607 文字 / 残り 390 文字)