佐竹家の刀、3500万円 都内で販売、県などに購入促す声

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
3500万円で販売されている佐竹家ゆかりの名刀「八文字長義」=東京・飯田高遠堂
3500万円で販売されている佐竹家ゆかりの名刀「八文字長義」=東京・飯田高遠堂

 旧秋田藩主・佐竹家の太刀(たち)が都内の古美術店の店頭に登場し、愛好家らの間で話題となっている。額は3500万円。インターネット上では、歴史的価値があるとして縁のある自治体が保護すべきだとの声も出ている。県や秋田市は購入に乗り気ではないようだが、一時は海外に流出した名刀が秋田に戻る日は来るのか―。

 この太刀は「八文字長義(はちもんじちょうぎ)」の呼び名があり、南北朝時代(14世紀)に数々の名刀を仕上げた刀工・備前国長船長義(びぜんのくにおさふねながよし)の作とされる。長さ約78センチ。

 公益財団法人日本美術刀剣保存協会(東京)によると、1602年に初代秋田藩主となった佐竹義宣(よしのぶ)の父で、猛将として知られた義重(よししげ)が愛用。戦場で敵方の騎馬武者を切り付けると、かぶともろとも両断し、その亡きがらが馬の左右に八文字型に分かれて落ちたという逸話から名付けられた。協会は2010年に最高ランクの「特別重要刀剣」に指定、国宝に次ぐ重要文化財に準ずる価値があるとみなした。

 同協会県支部と佐竹史料館(秋田市)によると、太刀は大正時代に競売に出された後、愛好家の元を転々とし、10年ほど前には県内の男性が所有していたという。

(全文 1146 文字 / 残り 629 文字)