「くわ」と「男根」放り子宝祈願 仙北市でカンデッコあげ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
雪が降りしきる中で行われたカンデッコあげ
雪が降りしきる中で行われたカンデッコあげ

 秋田県仙北市西木町桧木内中里地区の小正月行事「カンデッコあげ行事」(県無形民俗文化財)が8日夜、同地区の塞之神(さいのかみ)堂前で行われた。住民や観光客が、ホオノキで作った小型のくわ(カンデッコ)をご神木のカツラの大木に向けて放り投げ、子宝や縁結び、家内安全などを祈った。

 中里カンデッコあげ保存会(門脇篤美会長)の主催。カンデッコと、男根をかたどったクルミの若木を縄で結んで放り投げ、ご神木の枝に絡むと願いがかなうとされる。昔は世帯ごとに行っていたが、40年近く前に住民が保存会を設立し、現在の形で続けている。

(全文 449 文字 / 残り 192 文字)